• HOME
  • マイページ
  • 新規会員登録
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • カートの中を見る

こだわりの里 伊豆食文化公園のご紹介

線

こだわりの里 伊豆食文化公園は、 中伊豆の山中約2万坪に、
特別栽培の畑、 10種約2,000本の果樹、
手作り食品の為の工房を備えた食文化施設です。

線

こだわりの里 伊豆食文化公園の発足
公園の発足は平成15年 (2003年)。
まだ食育という言葉も浸透していない頃、
食に関する研究で
様々な功績を残されている先生方の下、
これからの日本の食文化のあり方を
考えるメンバーが集まり始まりました。
安全、安心な食卓作りのための情報を発信すると共に、
園内で育てた作物や生産者を訪ね吟味した
素材だけを贅沢に使った、
無添加の手作りこだわり食品を生産しています。
こだわりの里 伊豆食文化公園の安心な食卓づくり

将来の子供たちのために
日本の食を一緒に見直しませんか

こだわりの里 伊豆食文化公園の発足
日本には、 四季ごとに収穫されたものを食べる
「旬食」という文化があります。
それは「食材の栄養価が一番高い時」
「その時、 身体が必要とするもの」を食べる、
という理にかなったもの。
そして旬の食材の保存法の一つとして、
醗酵食という独自の文化も発達していきました。
古来より医食同源という言葉があるように、
食は人間の健康に深い関わりがあります。
現代の私たちの食卓には、 季節を問わず生産された農作物や、
大量生産・長期保存のための行き過ぎた加工をされた食品など、
本来の栄養成分を失った食べ物が溢れています。
食生活の変化によって危機に瀕した日本の伝統的な食文化、
それと共に現れたアレルギーやアトピー、
子供の肥満などの問題。
こだわりの里 伊豆食文化公園の安心な食卓づくり

そうした現代の食の乱れに危機感を募らせていた人々が、
ここ、伊豆に集まりました。

メンバーは、 自然食料理研究家や東京農業大学の博士ら、
いずれも日本の“食”の研究に長年携わってきた先駆者であり、
最先端の技術も併せ持つスペシャリスト達。

日本の伝統 醗酵食品
「日本の伝統食である醗酵食品や
自然食品の良さを次世代にきちんと伝えたい」
「子供たちに安心・安全でおいしいものを食べさせたい・・・」
そんな心からの願いを形に、
健康に留意して生産された食材、旬の食べ物、
本当に体に良いものだけをこだわりの中で厳選し、
お届けしていくことを趣旨として、
「こだわりの里 伊豆食文化公園」 は発足しました。
こだわりの里 伊豆食文化公園

加工食品を食べない日はない
だから知ってください

こだわりの里 伊豆食文化公園 味噌や醤油
たとえばスーパーで売っている味噌や醤油など、
その価格と原材料の関係について考えたことはありますか。
自分で作ったとすると、
材料代にもならない商品が多いことに気づかされます。
しかしその価格で販売できるのには、
それなりの訳があるのです。
大量生産、大量消費で発展してきた日本経済の仕組みは、
食も例外ではありません。
現在、加工食品を全く食べずに生活できる人はほとんどいません。
食材の安全性に関しての意識は高まっていますが、
身近な加工食品についての情報は充分とは言えません。
私たち消費者は、食についての知識を身に付け、
長い目で賢い選択をする必要があるのではないでしょうか。
こだわりの里 伊豆食文化公園 消費者の選択

伊豆食文化公園-名前の由来-

自然の中で汗をかき、 泥だらけになって手に入れる食材。
それを自分で調理した食事は何よりのごちそうです。
昔は生活を通して自然に身に付いていた食の知識。
現代では非日常のきっかけ作りも必要です。
子供たちにそんな楽しい体験をしてもらいたいと考える私たちは、人々が気軽に集え、
遊びを通して学べる場としての公園をイメージし、この名を付けました。
こんな公園が全国に増えれば、 きっと楽しく食と健康を語る人たちが増えるはずです。

こだわりの里 伊豆食文化公園 名前の由来

園内で原木椎茸を収穫。
こんな体験が食への興味と味覚を育てていきます。

“伊豆食”の伝統食は
王道かつ最先端!

昔ながらの食品を製造する老舗は数あれど、
公園の【手作り工房】で作る食品は単なる昔ながらの伝統食にとどまりません。
最先端の醗酵学研究で素材の機能性を高めたり、
よりおいしくする酵母を開発するなど、 伝統に新しい技術を加えた、
現代の生活に合った食品作りが特徴です。
また、園内の工房で作ったものを直接お送りするからできる、 お求め易い価格にもこだわりました。
日本の伝統食が毎日の食卓に自然に溶け込み、 生活の彩りになれば。
【手作り工房】 では、 そんな思いを形にしていきます。

こだわりの里 伊豆食文化公園 厳選素材

本当に豊かな食生活は、 ほんの少しの知識とひと手間で叶います。

一緒に始めましょう、 こだわりの美味しい生活

伊豆食文化公園-発足メンバー-

醗酵学東京農業大学名誉教授 農学博士 柳田藤治先生

自然食料理料理研究家 早野登美江先生

醗酵工学広島大学名誉教授 工学博士 永井史郎先生

健康食品伊豆食文化公園 代表 佐野宝山

伊豆食文化公園の考える基本食

素材にこだわりシンプルに
時間のゆとりも生む贅沢な食卓

雑穀や玄米のご飯、味噌汁、漬物という日本の基本食の組み合わせが始まったのは鎌倉時代の頃。
それが現代まで何百年も続いているということは非常に重要です。
この組み合わせには、 私たちが生きていくために最低限必要な栄養素がほとんど含まれています。
これにのり、昆布・小魚の佃煮、煮豆、納豆などの常備菜が副食として加われば、
バランスの取れた献立が出来上がります。
良質の常備菜を充実させれば朝食の用意だって簡単。
忙しい方にこそ習慣にしてもらいたい組み合わせです。

栄養は吸収されてこそ
醗酵は吸収率アップの強い味方

基本食と副食の組み合わせはあまりにシンプルゆえに、
たんぱく質や脂質をもっと摂らなくていいの?と思われるでしょう。
しかしつい最近まで、日本人の食卓には肉類や牛乳、乳製品などはほとんどありませんでした。
それでもたんぱく質や脂質が不足していたわけではありません。
それらは豆類や種実類で補えました。
豆類はたんぱく質を、ごまやくるみなどの種実は脂質を豊富に含んでいます。
しかし豆類そのものは消化が悪いため、
考えられたのが醗酵という知恵。
味噌、納豆は消化吸収率が煮豆や豆そのものに比べて非常に高くなります。
しかし大量生産品の中には充分に熟成させず、 2~3週間で出荷する味噌もあります。
これでは醗酵によって生まれるアミノ酸など様々な栄養素が充分とはいえず、
基本食だけで栄養をまかなうことができないかも知れません。
味噌汁は大切な基本食の一つ。質にこだわって選びたいものです。

こだわりの里 伊豆食文化公園 厳選素材

Login

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

Search

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

Calender

2017年12月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です