• HOME
  • マイページ
  • 新規会員登録
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • カートの中を見る
  • オススメ
  • 限定品
商品コード:
223

熟成赤味噌 400g

通常価格(税込):
583
販売価格(税込):
583
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
セレクション受賞 味噌

「伊豆食の味噌」は、伊豆の特別栽培米、公園産と北海道産の特別栽培大豆、海水塩、東京農業大学教授、柳田藤治博士の酵母群のみを原料に、昔ながらの手ごねで一樽一樽丹念に仕込み長期熟成させた、こだわりの味噌です。

その「伊豆食の味噌」をじっくり3年以上熟成させた、「熟成赤味噌」は、発酵が進んだことで豊潤な香りとコクが増し、糀の甘みが抑えられ、すっきりした味わいです。
貝、豆腐とわかめ、なすなど、シンプルな具でスッと頂きたい味噌汁や、煮込み料理に最適です。

味噌に含まれる糀菌や酵母、乳酸菌などの有用な微生物と酵素のために、店頭販売品で通常行われる、熱処理や保存料添加をせずに、樽出しのままお届けしています。


味噌の味や品質、そのすべてにかかわるのが糀です。蒸した米に麹菌をつけ、48時間ほどで米糀が出来上がります。糀菌は、生き物の体の中で様々な働きをする酵素を何種類も作りだす、体に有効な菌です。でんぷん分解酵素アミラーゼや、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼという酵素を作り出しながら生きています。

糀が大豆を味噌にする過程では、大豆の油を分解し、たんぱく質を旨み成分のアミノ酸に変え、でんぷんを甘みの素ブドウ糖に変えていきます。そして出来上がった味噌は、大豆そのものを食べるよりも消化吸収されやすく、機能性の高い食品として私たちの健康を支えます。

伊豆食文化公園では伊豆の米を使い、味噌の仕込み時刻に合わせて週3回、糀を作ります。そして、糀が元気でいられる温度を保ったまま、海水塩、摺ったゆで大豆と混ぜ合わせ、樽に詰めます。あとはゆったりとした時間の中で、自然においしい味噌になっていくのを見守ります。

素材が持てる力を充分に発揮できる環境を、常に整える。それは時として時間のかかる作業ですが、伊豆食文化公園ではそれを何より大切に、日々「素材」と「自然」に向き合っています。

【赤味噌と白味噌の栄養】
赤味噌の色素成分は、中性脂肪を減らし、抗酸化作用、代謝アップに効果があるため、「アンチエイジング」や「ダイエット効果」が期待できます。朝の味噌汁にすると、代謝アップにより身体が目覚め、血糖値の上昇も抑えられます。

一方、熟成半年から1年の白味噌は「乳酸菌」が豊富です。脳の興奮を抑える「GABA」も含むので、イライラや不眠を和らげ、ストレス軽減やリラックス効果もあります。

■400g入 583円 ※税込
数量:

『伊豆食の味噌』物語

減農薬の自然栽培で育てた伊豆食文化公園の大豆。
伊豆の農場は、周囲を深い森に囲まれた山の中です。
麹作りの始まりは、蒸し米作りから。 40度に冷ました蒸し米に麹菌を素早く「種付け」します。
菌は繁殖中に発熱します。糀菌は熱に弱いため、それを放っておくと、なんと菌自身が自滅してしまいます。そこで適温を保つために、熱を逃がしたり、菌糸をほぐして風通しをよくする「手入れ」を行います。 約48時間かかって、糖化力、たんぱく分解力の強い糀ができました。
その字の通り、「米」に「花」が咲くようにお米全体を真っ白い菌糸が覆っています。やわらかく甘い香りが漂います。
丸大豆は茹でて荒めにつぶします。茹でたてほくほくの大豆は、甘くておいしい栗みたい!
すべての材料を手でしっかりこね、樽に詰めます。 3ヵ月後、旨みいっぱいの「たまり」が上がってきました。ここで上下を返してさらに3ヶ月以上熟成させます。 おいしい味噌の出来上がり。非加熱、樽出しの生味噌をお届けします。

味噌の特徴

贈り物にも喜ばれています

Comment

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Recommend Item

壷入り味噌 (味噌750g入)

販売価格(税込): 5,940~6,480 円

伊豆食の味噌

販売価格(税込): 583~1,015 円

熟成期間10ヶ月。糀や酵素が一番元気な時に出荷している基本の味噌です