• HOME
  • マイページ
  • 新規会員登録
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • カートの中を見る
商品コード:
702

たしぬかセット

通常価格(税込):
518
販売価格(税込):
518
ポイント: 5 Pt
関連カテゴリ:
醗酵食を育てる~おうちで手作りシリーズ

ぬか床を長くお使いいただくために
良質のたしぬかと水で日々の手入れ

ぬか床は野菜からでる水分で水っぽくなったり、野菜の出し入れで徐々に減っていきます。床を良好な状態に保つには、適宜ぬかを補充し、常に理想的な固さと量が必要です。

丁寧に炒った低農薬栽培のぬかに、分量の海水塩が入った「伊豆食のたしぬか」なら、面倒な計量も配合の必要もありません。日々のお手入れが手間無くできます。
天然水はぬか床の量を増やす時にお使いください。

セット内容:配合ぬか(米ぬか、海水塩、昆布、唐辛子)500g、天然水500ml
数量:

今年の春はぬか漬けに挑戦!

しゃきっとしたキャベツやセロリなどの春野菜も、ぬか漬けにするとまた一味違ったおいしさ。
ドレッシングやマヨネーズをかけたサラダより健康的で、不足しがちな栄養価も補えます。
温度管理を気にせずにすむこの時期に、お腹も喜ぶ自家製ぬか漬けに挑戦しましょう!

植物性乳酸菌の宝庫「ぬか漬け」

漬物の中には乳酸菌が沢山含まれていることをご存知ですか。時間のたった漬物が酸っぱいのは、この乳酸菌による醗酵で有機酸が作られるためです。乳酸菌は体内に入ると乳酸やビタミンを作り、整腸作用や免疫力を高めます。漬物にした野菜は、野菜のもつ栄養素に醗酵で生まれる乳酸菌や酵母がプラスされ、機能性の豊かな食品に変身します。乳酸菌や酵母の働きは独特の風味を生み、一方で有毒な雑菌の繁殖を防ぎ、余分な水分が出てかさが減るため食物繊維がたくさん摂れます。
実際、漬物のある和食より、洋食を食べる人が増えてから、日本でも欧米並みに大腸がんが増えており、食物繊維の摂取は非常に重要な課題になっています。
たしぬかセット

自分好みに育てる楽しさ 我が家で漬ければ安心です

ぬか床の材料“米ぬか”にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。ぬか漬けにするとこれらが野菜に吸収され、生の時にはない乳酸菌やアミノ酸などの栄養分も加わります。ぬか漬け以外にも、塩でじっくり醗酵させる“はくさい漬け”や“野沢菜漬け”なども同じように乳酸菌がたっぷりです。しかし残念なことに、現在市販されている漬物の多くは、きちんと時間をかけて醗酵させず、味だけをつけた“味付け物”が多くなっています。また近頃人気の減塩漬物は、本来は保存のために使う塩を減らしているため、どうしても保存料や旨み成分を添加せざるをえません。
予断ですが、塩は高血圧の原因で体に悪いから、と減塩の流れができました。しかし、それは昔ながらの自然塩の話しではなく、1971年に制定された専売制によって、純度99%以上の塩化ナトリウムが「食塩」とされたことから起こった健康問題なのです。本来、自然な塩とは、人間に不可欠な微量ミネラルを10%前後も含んでおり、決して塩化ナトリウムの塊ではありません。現在は自由化により様々な自然塩が手に入るようになりましたが、大量生産の加工品では安価な食塩を使用するため、加工品を食べている限り塩化ナトリウムの多量摂取は防ぎようがありません。そこに、健康のための減塩と、命の素である塩という考え方に大きな隔たりが生じているのです。

 さて、おいしてく安心なのはもちろん吟味した新鮮な野菜を自分好みに漬けること。サラダを作る手間を考えたら、家庭サイズのぬか床をかき混ぜる手間も実はそう変わりません。 キャベツ、グリーンアスパラ、セロリ、みょうがなど、市販のぬか漬けではなかなかない、自家製ならではの野菜を漬けるのも楽しいもの。きちんと手入れをすれば一生もので使えますが、漬けやすい春から夏の間だけでもおいしい漬物を毎日食べられたら高いものではない。そんな風に考えて、気軽に挑戦してみはいかがでしょうか。
たしぬかセット

Comment

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Recommend Item

伊豆食のぬか床

販売価格(税込): 1,382 円

ぬか漬け作りに必要な材料が全てセットになりました。

セット内容:配合ぬか(米ぬか、海水塩、こんぶ、唐辛子)500g、柳田博士の醗酵の素、早野登美江のかくし味、だしの素、天然水500ml、漬け容器3L